基本の豚骨ラーメン

豚骨ラーメンとは名前の通り豚の骨を出汁に取ったラーメンのことで、福岡の屋台が起源とされています。飲んだシメという概念があるせいなのか、麺とスープ以外にはネギしか載っていないというくらいシンプルな場合も少なくありません。その他に載っているのはチャーシュー、海苔、もやし。豚骨ラーメン発祥の地である博多。ここで食べられる豚骨ラーメンの多くは実にシンプル。特徴的なものはキクラゲが載っているところでしょうか。ちなみに豚骨ラーメン名古屋にあるお店でもキクラゲが載っているところがあります。キクラゲを載せている豚骨ラーメン店は意外と多いかもしれません。

替え玉また、博多の豚骨ラーメンは替え玉というシステムが存在します。これは、豚骨ラーメンの麺がとても細くてすぐに麺が伸びてしまうため、たくさん麺を食べたいお客さんに常に美味しい状態でラーメンを提供出来るようにと広まっていったと言われています。

全国的に高い知名度を持つ豚骨ラーメンですが、敬遠されがちな理由のひとつに独特の香りがあることが挙げられる場合があります。もしも豚骨ラーメンを食べていて香りが気になるというときにはお店に必ずといっていいほど置いてある卓上の薬味を使ってみるのがオススメです。香りを食べやすく抑えることができますし、味変効果も期待できます。

福岡の食文化として欠かすことのできない豚骨ラーメン。色々なお店が街中に存在していますので、旅行に行く機会がありましたら是非チャレンジしてみてください。

Top