定番のトッピング

豚骨ラーメンに絶対に欠かすことのできない定番のトッピングとは一体なんでしょうか。一杯食べ終わったあとに麺だけを注文する替え玉というシステムがあることが多い豚骨ラーメン屋さん。そのため、飽きずに食べ進めるためのトッピングも豊富です。ここでは定番のトッピングについて説明させていただきます。

トッピング1番を決めるとしたら人それぞれこだわりが分かれそうですが、一般的には紅ショウガの赤色と白濁したスープのコントラストが豚骨ラーメンの一つの特徴といっても良いでしょう。こってりとした豚骨のしつこさをさっぱりとしたショウガの辛味が打ち消して、さらに食欲が進む名コンビ。食後のシメとして紅ショウガを一口食べることを勧めているお店もあるそうです。

そのほかにもキクラゲや白ゴマ、辛子高菜にニンニクといった定番がありますが、全てのトッピングに共通していえるのは、どれも味や歯ごたえ、香りに特徴があり、食べる度に味の印象が変わるほどのインパクトがあるということです。自分なりの味のカスタマイズを楽しめるのも豚骨ラーメンの魅力といえるでしょう。

その人だけのオリジナルラーメンが楽しむことができる豚骨ラーメン。その懐の広さの秘密は絶対に外さない定番のトッピングにあるのかもしれません。

基本の豚骨ラーメン

豚骨ラーメンとは名前の通り豚の骨を出汁に取ったラーメンのことで、福岡の屋台が起源とされています。飲んだシメという概念があるせいなのか、麺とスープ以外にはネギしか載っていないというくらいシンプルな場合も少なくありません。その他に載っているのはチャーシュー、海苔、もやし。豚骨ラーメン発祥の地である博多。ここで食べられる豚骨ラーメンの多くは実にシンプル。特徴的なものはキクラゲが載っているところでしょうか。ちなみに豚骨ラーメン名古屋にあるお店でもキクラゲが載っているところがあります。キクラゲを載せている豚骨ラーメン店は意外と多いかもしれません。

替え玉また、博多の豚骨ラーメンは替え玉というシステムが存在します。これは、豚骨ラーメンの麺がとても細くてすぐに麺が伸びてしまうため、たくさん麺を食べたいお客さんに常に美味しい状態でラーメンを提供出来るようにと広まっていったと言われています。

全国的に高い知名度を持つ豚骨ラーメンですが、敬遠されがちな理由のひとつに独特の香りがあることが挙げられる場合があります。もしも豚骨ラーメンを食べていて香りが気になるというときにはお店に必ずといっていいほど置いてある卓上の薬味を使ってみるのがオススメです。香りを食べやすく抑えることができますし、味変効果も期待できます。

福岡の食文化として欠かすことのできない豚骨ラーメン。色々なお店が街中に存在していますので、旅行に行く機会がありましたら是非チャレンジしてみてください。

豚骨ラーメンについて

豚骨ラーメン普段の食事、飲んだシメ、我々の生活の中で無性に食べたくなるときがあるラーメン。その中でもこってりとした濃厚なスープの豚骨ラーメンは病みつきになるほどの中毒性がある美味しさです。長時間煮込まれた豚骨スープから生み出される圧倒的なコクは他のラーメンではなかなかお目にかかることが出来ません。

その美味しさの秘密は卓上に備え付けられた数多くのトッピングにあるのではないでしょうか。人の好み、その日の気分で味が変えられる自由度の高さ。そして、その自由度を邪魔しないトッピング自体の豚骨ラーメンとの相性の良さ。これが豚骨ラーメンの特徴のひとつであると断言しても過言ではないでしょう。定番の紅ショウガ、白ごま、辛子高菜。その味を想像するだけで、美味しい豚骨ラーメンの味を想像してしまう人も少なくないのではないでしょうか。

特徴のことをいえば、替え玉という独特の注文方法もそのひとつです。ラーメンそのものをお代わりするのではなく麺だけをお代わりするという頼み方は、その他のラーメン屋さんではなかなか出会うことが少ないでしょう。シンプルな具材にスルスルと麺をすすって食べる豚骨ラーメンは、まさに屋台発祥のシメ文化が凝縮された完成形のラーメンといえます。

当サイトでは福岡が生んだラーメン文化の結晶である豚骨ラーメンについて書いていきます。福岡博多ののみならず、全国に愛好家が多数存在する豚骨ラーメン。興味があるけれど食べたことがない、気にはなっているけど独特の臭みが気になる、そんな方々に読んでいただければ嬉しいです。

Top